スポンサーサイト

  • 2013.12.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


いてーん

ブログ移転を予定しております。
移転準備として予定地に最新記事を移動させていただきました。

える!あい!おー!えぬ!

 らいおん! 
というわけで、仮面ライダービーストについて。
今日はビーストについて語りたい。そういう気分なのだ。

というか前から語りたかった。

デジモンのブログなのにいいのかって?
どうせ140文字じゃ足りないからこういう形式をとってるだけだからいいのだ。

続きを読む >>

二の腕を見つめてる。出会った日から今でもずっと。

 twitterで出たネタの晒し場所として使うだけなんで。ね。
続きを読む >>

もうすぐ社会人

 確か一年前は、ryutoさんが書いた同じような記事を見て「そんな大げさな……」と思っていたはずだが

確かに、へたな進学なんかより就職するなりなんなりで社会に出るほうが人生は劇的に変化する。常識的に考えて。
だが正直言って実感がないのも事実だ。現に今私は一人暮らしをしていたアパートから実家に帰ってきているのだが、それだって一時的に帰省しているのとなんら変わらない感覚しか抱かせてくれない。

学校で中がよかった友達とは、情報化社会の発展のお陰で今までと変わらず連絡がとれているし、ネットの仲間だって今までと変わらずである。
でも、なぜか自分が社会に出ることへの漠然とした不安というか、うすら寒いものは感じている。
自分の行動に責任を負わなければならないこと、好き勝手なことをしても誰もフォローしてくれないことに対して。もちろん今まで責任を持たなければいけない場面もあったし、これからだって誰かフォローしてくれる人間は現れるかもしれない。

でもやっぱり今まで同世代の人間の群の中で生きてきた状況から圧倒的に一人の状況になることは変わらないだろう。そしてそれとは逆に行動の自由度は結構制限されるのだ。

だからまぁ、何が言いたいかっていうと……社会に出るのこえーよってこと。
まだまだ友達と馬鹿やってたいし、授業中に眠りたい。

……こーいうことが言えるってことは、俺は少なからず青春してたってことなんだろうか?


ヤツがくる!

ブログでオメガモンレビューしてやるれ! と思ったら投稿できる画像の枚数が意外と少なかったお……
D-Arts オメガモンレビュー 始まるぞ!

これって追記からはまた3枚投稿できるのかな?
まぁいいや。先ず外箱はこんな感じ。なんといってもデカイ!ジャンプよりもデカい!
ウォーグレイモンさんと比べてもこんな感じで、マントのためとはいえすごく……大きいです。

中身。



がばー。



マントは2パターン。デカイすなー。
続きを読む >>

フィギュアのパンチラは魅力的なのか。

 そも。パンチラの魅力とは一体なんだろうか。
日常的にヒラヒラと危なっかしく、それでいて鉄壁の防御を誇るスカートという布から
偶然垣間見えた下着の煌めきこそが、パンチラの本来の魅力ではないのか。

そんでもってフィギュアのケツとは、多くの場合硬くて女性的な魅力など欠片も備わっていない。
そんなフィギュアのケツを拝んで楽しいのか?

単純に見ているだけならまぁ、わからんでもない。出来のいいフィギュアなら下手な実物よりよっぽど柔らかそうな印象の塗装、彩色を施されているし、
顔も絶対可愛いわけだ。

ところが、ここで本題だ。

アクションフィギュアの場合はどうか?
続きを読む >>

デジモンと群像劇

デジモンクロスウォーズは軍団の話である。
群像劇ではなく軍団で戦う話である。

物語には主人公がいて、視点というものがあって、書くべきところと省くべきところがある。

俺が書く物語はそれが全くできていない。
というか元々それをやらないのが意図しているところなのだが。

主人公の活躍しない少年漫画は続かない。というのは普通の話だが、
ところが今はサブキャラに人気があれば引き延ばされる。

そうじゃなくて、群像劇っていうのは……俺は群像劇の定義もよくわからないが
視点が複数あるものだ。

仮面ライダー555は群像劇らしい。
成程、確かに主人公(ファイズに最も多く変身するため)の乾巧側と、木場勇治の側で話が分かれて進む。
双方の視点を見せるには効果的だが、話の内容がわかりにくくなる危険も多い。
続きを読む >>

僕らのデジタルワールド

いい曲だよね〜
続きを読む >>

大は小を兼ねない

少なくともおっぱいに関しては。

ということを太い人を見ていると思い知る。
差別するつもりはないが俺は細い人が好きだし、見かけると目で追ってしまうのは事実だ。


女性を見た目で評価するのはいけないけど、やっぱ男は馬鹿ですから。

でもデジモンには、例えば鬼武者のジュジュドーマみたいなキャラはいないよね。
デジモンの絵柄はパンキッシュであるべきだと思うけど、そもそもパンクって美少女至上主義だっただろうか?
男の子向けだから可愛い娘しかいないのか?
ていうかむしろデジモンにはブ女は必要ではないか?
本当にいないのか、俺が記憶から抹消しているだけかは知らんが…

今週のクロスウォーズの姫様はババモンだったが、あれはブ女じゃなくて婆さんとしては綺麗ポジションだと思う。

改名します!

僕は今日からShot-A

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1)
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1) (JUGEMレビュー »)
森田 季節
MF文庫Jライトノベル新人賞受賞作。
金色の帯とギター娘に釣られて買った自分を褒めたい。今年この小説を読めてよかった。月並みな言葉で表すなら、ちょっぴり苦くて微かに甘い物語。でも少年少女のキョウキテキな価値観がそこに託されている。味わってみてください。
recommend
サマーウォーズ 公式ガイドブック  SUMMER DAYS MEMORY
サマーウォーズ 公式ガイドブック SUMMER DAYS MEMORY (JUGEMレビュー »)

この夏長野に行った人増えたんじゃないかな?
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM