スポンサーサイト

  • 2013.12.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


いてーん

ブログ移転を予定しております。
移転準備として予定地に最新記事を移動させていただきました。

もうすぐ社会人

 確か一年前は、ryutoさんが書いた同じような記事を見て「そんな大げさな……」と思っていたはずだが

確かに、へたな進学なんかより就職するなりなんなりで社会に出るほうが人生は劇的に変化する。常識的に考えて。
だが正直言って実感がないのも事実だ。現に今私は一人暮らしをしていたアパートから実家に帰ってきているのだが、それだって一時的に帰省しているのとなんら変わらない感覚しか抱かせてくれない。

学校で中がよかった友達とは、情報化社会の発展のお陰で今までと変わらず連絡がとれているし、ネットの仲間だって今までと変わらずである。
でも、なぜか自分が社会に出ることへの漠然とした不安というか、うすら寒いものは感じている。
自分の行動に責任を負わなければならないこと、好き勝手なことをしても誰もフォローしてくれないことに対して。もちろん今まで責任を持たなければいけない場面もあったし、これからだって誰かフォローしてくれる人間は現れるかもしれない。

でもやっぱり今まで同世代の人間の群の中で生きてきた状況から圧倒的に一人の状況になることは変わらないだろう。そしてそれとは逆に行動の自由度は結構制限されるのだ。

だからまぁ、何が言いたいかっていうと……社会に出るのこえーよってこと。
まだまだ友達と馬鹿やってたいし、授業中に眠りたい。

……こーいうことが言えるってことは、俺は少なからず青春してたってことなんだろうか?


フィギュアのパンチラは魅力的なのか。

 そも。パンチラの魅力とは一体なんだろうか。
日常的にヒラヒラと危なっかしく、それでいて鉄壁の防御を誇るスカートという布から
偶然垣間見えた下着の煌めきこそが、パンチラの本来の魅力ではないのか。

そんでもってフィギュアのケツとは、多くの場合硬くて女性的な魅力など欠片も備わっていない。
そんなフィギュアのケツを拝んで楽しいのか?

単純に見ているだけならまぁ、わからんでもない。出来のいいフィギュアなら下手な実物よりよっぽど柔らかそうな印象の塗装、彩色を施されているし、
顔も絶対可愛いわけだ。

ところが、ここで本題だ。

アクションフィギュアの場合はどうか?
続きを読む >>

多少ナルシになってもいいじゃん 自信もって立ち向かえばいいじゃん

そういえば最近Ryutoさんのサイト、「風がそよぐ場所」がリニューアルされて「風がそよぐ場所EP」になったんですけども。

みんないいなぁ。あんな技術あって。
まぁそれも長いキャリアの中でいろんなものが一回りした結果なんだろうけど。
自分はもともとがワードで無理やり作ったページだからHTMLとかどうしようもないのよね。

とかいうのはまだ早い!
のよね。

なんていうかまだ現実の忙しさにかこつけてそのへんの勉強をする努力すらしてないわけだから
きっとやればどうにかなるはずだ。うん。

さて。最近仮面ライダーWを見る以外ほとんどメディアにかかわっていない私ですが。
最近カブトのフィギュアーツを収集し始めまして。12月末にはドレイクとサソードが届くんですけど。
それに先駆けられるかどうかわからないけど映画の3ライダーも注文しちゃったんだ。

しかし問屋さんになかったらないんだってさ。
1体だけないとかだったらどうしようね…。うn。

まぁそのときはそのときで。あの3体って同時に登場しないし。
カブトとならどうにてもからませられるよね。


蜜をください ぼくにください 苦くていいから きみのがいいから

 あーなんつぅかもうね。
俺は生きている意味があるのかっていうね。

最近NEXTのほうでDLCっていう企画を立ち上げたんですけどね。
なんていうか甘かった。すごく個人的な理由で申し訳ないけど僕今年受験生なんです。

本気で受験生やったのなんて高校受験以来だから忘れてたけど、
大学受験のときはなんか本気になれなくて忘れてたけど
受験生って大変だったんだね。

クリスマスぐらいまではなんとか感想書く余裕だけはあるかな。とか思ってたら跳んでも無かった。


あとね。
前に多分Ryutoさんあたりが言ってたんですけど、ていうか誰かの言葉だったんですけど
部屋が汚いと心に余裕がなくなる的な。

今逆に心に余裕がないせいか、すっごい部屋のものを片付け出してます。
といってもどっかにつっこんで見た目スッキリさせてるだけなんだけどさ。
それでもなんか凄いわかる気がします。

今まで放置しておいた方がむしろ安心してたものとかに凄いイラっとくる。
ああもう!ってなる。

ちょっと面白いんだけどね。



僕の人生がいくら歪んでも彼女と肌を合わせることはない。

 忙しくなるとただ忙しいって書きたくなるんだよね。
あれ?ここって携帯からでも日記かけるんだっけか?

だけどやっぱこっちのほうが入力しなれてるから勢いにまかせて書く日記なんかはこのほうがいいと思うんだ。

さて。どのぐらいぶりの日記だか知らないけどこのサイトからNEXTへのリンクってはってたっけ?
どうだっけ?

まぁいいや。なんかやっぱりデジモンのことになると熱くなり過ぎる自分がいるんだよ。
なんだかんだいって青春を捧げたものっていう自覚があるんだろうね。

ああ、このぐらいのスピードで小説かけたらいいのに…

http://digimonwebnext.web.fc2.com/index.html

真夏の深夜 明るいファミレス 外で笑う、ひと組の男女

最近日記書かなかったのはタイトルが思いつかなかったからなんですけどね。いやマジでw

今日はバトンが来たのでもういいやってことで。
そういえばバトンってカテゴリ作ってないですね。

ということで。ねすたっちから。
続きを読む >>

スプーンのさじを半分銜えた唇

 先ずはコメント返信から行こうと思います。

RYUTOさん>けいおん!は必死で探し出して2話まで見ましたが中毒じゃないですね。
       澪もいいけど律もいいとか思ってるけど中毒じゃないですね。

4コマ漫画なので、アニメもストーリーがありつつどこかほのぼのとした日常の1コマとして進む感じです。
部活がテーマでバンドなのに不思議なテイスト。

放課後ウインドオーケストラは…あ、ジャンプSQに載ってるんだっけか(オイ
ごめんなさい確か3話か4話以降見てないですw すいません。
そして(一応全部とってあるけど)前半部分実家に置いてきましたごめんなさい。

そうですねぇ。なんか管楽器に関する基本的な説明とかがどうしても入るので、時間がないのもあって読まなかったんですよねぇ。でもいつか絶対読もうとは思ってます。

あと、吹奏楽にはいい思い出とともにトラウマも多いのでw
覚悟が要るんですw

       
続きを読む >>

見えそで見えないあの子のShining White

 デスクトップを澪にしてみたけど別に中毒じゃないな。

続きを読む >>

歯を立てないで舐めてみて

女性曲なのに花たんよりうさよりしっくりくるのど飴。
なんぞこれー。

続きを読む >>

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1)
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1) (JUGEMレビュー »)
森田 季節
MF文庫Jライトノベル新人賞受賞作。
金色の帯とギター娘に釣られて買った自分を褒めたい。今年この小説を読めてよかった。月並みな言葉で表すなら、ちょっぴり苦くて微かに甘い物語。でも少年少女のキョウキテキな価値観がそこに託されている。味わってみてください。
recommend
サマーウォーズ 公式ガイドブック  SUMMER DAYS MEMORY
サマーウォーズ 公式ガイドブック SUMMER DAYS MEMORY (JUGEMレビュー »)

この夏長野に行った人増えたんじゃないかな?
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM