| main | Individual-X Attacker >>

スポンサーサイト

  • 2013.12.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


お台場メモリアァァァァァァァァァァァァァァァァァァル!!


いや、はい、どうも。お久しぶりです。Shotです!
いやー本当に、夏だねぇ。ええ、うん。

いや、今日はそんなこと言いに来たんじゃないんだ。
兎に角ですよ、前のブログが消える前に大事な記事だけでも保存しておこうとか思ってたら忙しくてできなかったわけで。
というのは言い訳なんですけどオフレポも消えてしまいましたですよ

ダッアッー!
どうする!? どうすんのよ俺!? オレ!?

でもね大丈夫僕にはこれがあるのさドララララァ! くれいじーだいやもんどー。

ああ…暑さでテンションがおかしすぎる…。

えと、とりあえず奇跡的に保存してあったオフレポの内容を
先ずは,世韻任垢韻匹翰ください。
脱力系、オフレポ!
はーいごめんなさーい。ちょっと遅れちゃったけどちゃんと書きます。
Shotがお送りしますよー。初オフレポだぜー!いえー。

そもそも今回のオフは、俺が「東京行くかも」っていうことから始まったんですけども。
もともと叔母の家が神奈川にあるんだけどね。
ちょっと金かかるし面倒だなーって行かなかったんですよ(ぉ
駄菓子菓子。なんか去年の夏休みの終わりにDNC代表ことネスタさんに

「9月は東京来るんでしょ?」

と言われていたので。ええ。
ごめんなさい俺の学校専門学校だから夏休み短けぇんだよこの野郎と思いつつ、(ぉ
嫌みかこの野郎と。若干わなわなという気持ちを覚えたのを思い出し(更に(ぉ
そういえば行かなきゃなぁーということで、今回の東京行きを決意したんであります。

とはいっても初の一人旅www
一人で移動とかww隣県までしか行ったことのない俺www

しかも東京行くとか言っといてオフの場所は神奈川県某所なわけですよ。
(東京超不安だよべいべーっていうオーラを出してた俺のせいです。★AKIBA★とかじゃなくてごめんね。)
福島とか新潟とか大きい県にばっかりいるとそのへんの感覚は不思議だよね。

くうかんが ゆがむ

ということで。緊張で前日ほとんど眠れないながらもばっちり起床して待ち合わせ場所へ。
頭は冴えてるぜ!へいへへーい♪
親切な観測員が迎えに来てくれたんだよね。サンクス!ユゥー!

通勤ラッシュ?の人の流れを眺めながら待つ俺… メタボ率高いなぁ…とか思いながら。

俺が待ち合わせ場所の駅に着いたとメールしたのが9時頃でした。でも集合は11時とかそのへん。
観測員…正直すまんかった。
でも嫌な顔一つせず来てくれた彼はほんといい人だと思います。


メールで服装を伝えて待ってたら、向こうから半笑いで近づいてくる人がいたのでとてもわかりやすかったデスシネ!

そして100%観測員に頼って本当の待ち合わせ場所へと移動―!
道中の電車の中でも俺が緊張していることを見越してか積極的に話しかけれくれる観測員。
初めは試合当日に1軍に抜擢された高校球児のようにガチガチに緊張していた俺だがそれで少しは打ち解けられたと思う。
ごめんね微妙な話題ばっかり振って。

そんなこんなで某駅に到着したのが…多分10時ごろ(あやふや
当然誰もおらず、言われた通り30分前行動だぜ!とか言って誤魔化す俺。
でも正直何しよう(´・ω・`) みたいな感じだった。

そこで観測員は本屋があるから行こうとか言ってくれるんだね。うん。
良いヤツや…。

とりあえずそこで二人で主に西尾維新作品とかについて会話していると…
茜さんからメールキター! 早く到着したので駅周辺をうろついているとのこと。
すいませんそれより早く着いててごめんなさい。とか思いつつ現在位置を返信し、引き続き今度は別なコーナーをいじる俺ら。
とそこに…代表からメールキターーーーーーー!


「サイフ落とした 行けないかも(^^)」

ああああぁぁぁぁあああああくぁwせdfrtgyふじこlあああああああああああ!!!   orz

正直ギャグだと思いたかった。文末の(^^)←に希望を抱きたかった。

しかし現実は非情。代表からの返信が無いまま茜さんから桜を見に行きましょうという誘いをうけ、
俺らは再び改札へ。というか生代表は今回のオフでもスゲー楽しみにしていたことの一つだったので、この時点で俺、けっこう微妙なテンション。もう電車賃も飯代も全部出すから来てくれよ…とかしょんぼり思っていると

観測員が兄ぃをハケーーーーーーーーン! 俺が「え?どこが誰?何がいつ!?」とか思ってると人ごみから兄ぃ登場。
ていうか一緒に暗泥モンさんも合流ぅぅぅぅぅ…!

なんか二人の姿に予想を裏切られつつも、なるほどこういうことかと納得してしまいますた。
兄ぃは一回だけ写真も見てたけど覚えてなくて(ぉ でも聞いていた通りの風貌でした。こいつぁ確かに俺の兄貴だぜ!っていうか弟ではあり得ねぇ!(ぁ
そして暗泥さんについてはあんまり情報無かったんだけど、なんか真っ直ぐそうな人。
絵茶では巧妙なボケ突っ込みを繰り出すのでその姿は結構以外でした。

ここで二人へのお土産を取り出す観測員。何やら俺には分からないジャンルの品と
“拳銃的な形の何か” 後で気づいたけど俺、あの銃の名前とか全くその場で浮かんできたりしなかったYO orz
こんなところで自分の未熟さを思い知るとは。

一方、俺はというと。手ぶら(ぉ
完全に完膚無きまでに何も持ってません。最初の村を出たばかりの勇者でももう少しマシなモン持ってるよってくらい。
持ち物と言えばケータイ、財布、そして愛用の目薬に、Suicaとかでした。
基本、何か持って歩くのが嫌いな俺は全部ポケットに入れてます。他にもう一個ぐらい何か持ってた気がするけどそれすら忘れるほどフリーダムでした。

やっぱお土産ぐらい持ってくればよかったかなぁ…。
でもそれこそ荷物になるだろうと思って止めた俺はいったい…。

とかなんとかやってると、兄ぃたちが現れたのと逆のほうから茜さん降臨!満を持して!!
Double-Actionとかがバックにかかる感じで軽やかに登場した彼女は、なんというか……こぢんまりして可愛らしかったです。その優雅な佇まいに思わず深々と頭を下げて挨拶してしまったほど。


ということで。メンバーが“ほぼ”そろったところで河川敷に桜を見に行くことに。

皆さんとの遭遇で、テンションはけっこう回復していた俺ですが
兄ぃとかのトークには深すぎて入れないわ、かといって今会ったばかりの茜さんには雰囲気に押されて話かけられないわで、なんか孤立状態。今度は違う意味で代表HEEEEEELP!な状況でした。人見知りサーセンww

チャットとキャラが違ってて申し訳ないなぁと思いつつ、半ば本気でトークよりも景観とかに見入る俺。
いや、だって背景に山がないのが珍しくて(ぁ

俺が行ったとき東京は丁度桜の次期で、しかも俺の記憶が正しければ到着した日に満開宣言がなされたという正にグッドタイミングだったわけなんですが。
だから日当たりのよい河川敷の桜はもちろん満開。満開を通り越して軽く散ってるぐらいでした。
今年は桜が2回見れるなぁ。こっち(新潟)はまだ咲く気配すらないけど。ていうか雪あるけど。

そんなまったりした時間を過ごしつつ、なんとなくケータイを確認すると代表からメールが!!

「警察行ったらったああああああああああああああああああああああ!!」

ってあんたどんだけハプニングに愛されてるんだああああああああああwwww

何はともあれ代表も合流できることが判明したので今回のメイン舞台であるカラオケへと向かうことに。

--------------------------------------------------------------------------------

と、いうことで。はい。
今まさに冒頭で言ってた夏なんですけども。
ね。そこは気にしない方向で行こうよ。お願だから。
記事の内容が地味なのも面倒くさいからまだ新しいブログに慣れてないからコピペなんだYO!
多めに見てくださいYO!

おかしいなぁ…これ桜が咲く頃のお話なのになぁ。
俺半年ぐらい放置してたのかよ…。 そして今次のオフの話が持ち上がってるし… orz

ええい!どだい次のオフへは行けるかもわからんのだ!
オフレポごとき、それまでに書ききってやるさ!!

…オフ参加できるといいなぁ。
あ、お台場メモリアル的なこと全く書いてねぇや;
みんな、これはデジモンのブログなんだぜ!?

スポンサーサイト

  • 2013.12.02 Monday
  • -
  • 17:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1)
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1) (JUGEMレビュー »)
森田 季節
MF文庫Jライトノベル新人賞受賞作。
金色の帯とギター娘に釣られて買った自分を褒めたい。今年この小説を読めてよかった。月並みな言葉で表すなら、ちょっぴり苦くて微かに甘い物語。でも少年少女のキョウキテキな価値観がそこに託されている。味わってみてください。
recommend
サマーウォーズ 公式ガイドブック  SUMMER DAYS MEMORY
サマーウォーズ 公式ガイドブック SUMMER DAYS MEMORY (JUGEMレビュー »)

この夏長野に行った人増えたんじゃないかな?
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM