<< 果て無いフロンティア見つめながら | main | 正直仮面の男は要らん。 >>

スポンサーサイト

  • 2013.12.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


まるで昨日のアリアリアリーヴェデルチ

前の日記でも言いましたがオフ会とやらに参加するので前回のオフレポを書いてしまわないといけないんだZE。

というわけで今日は、既に途中まで書いてあったものにあること無いこと脚色を加えた俺のうろ覚えな記憶の欠片をお見せしようと思う。


あれから何日たっただろう。僕は今あのときのオフレポを書いている。
決して忘れることのない…あの日の思い出を………





うそうそごめんちゃんとかくからいしをなげないで。



…♪
「くぅすぅぶぅうってぇうぃたぁ 胸になげいりぇろFIRE!」

何処だろうここは。誰かのしゃくれたキモい歌声が響いている。
ああ、なんだ… これは俺の声じゃないか。



ということで、あれから俺達は今回のメインイベントにして俺が唯一指定したイベント
「カラオケ」へたどりついていた。
本名偽名が飛び交う危ないトークを経て開店直後に入店した俺達は、飲み物コーナーからも喫煙所からもトイレからも離れた場所で宴を開始していた。ここで改めて現在のメンバーを確認しておこうと思う。

俺、兄ぃ、茜さん、観測員、暗泥モンさん。以上!
以上です!

それ以上でもそれ以下でもない!(しつこい

ということで。この時点で代表はまだ到着しておらず、デジモンソングとっとかなくていいのかなぁ
とか思いつつ俺は思いっきりゴミ箱を飛び越える歌歌ってました。楽しい観測員と一緒に。
おかしいな、前日のシュミレーションでは俺が先陣を切るはずd(ryまぁみんなの前で歌うっていう行動にまたしても緊張しまくってた俺が悪いんだけどね!

とはいえしかし、この俺。地元でヲタ友とカラオケに洒落込むなんざ高校時代は日常茶飯事だったのだが…
なんというか、正直圧倒された…。これがあの絵茶に集まっているメンバーの実力なのかと。

もうね、俺なんかね、中途半端にはっちゃけられずに空気でしたよ。
電波とかやっぱまだまだ知らない曲いっぱいあるんだね♪思い知ったZE!

そんなわけで、歌い始めて30分くらい(?)ついにあのイベントの神様を引っさげたあの人からメールが…

「お、代表着いたって」

流れブチ切ってメールの内容を報告する俺。自ら迎えに行かないのが俺のクオリティーの低いところ。グッド
そこでみんなの期待に応えて自ら席を立つ観測員はやっぱよくできた人なんだな。うん。グッド

そして…
DNCの切り札にして最終兵器こと、ぴかぴか☆NET☆STAR☆ぴかぴかさんが…登場!

(バァァァァーーーン)

その気さく過ぎるふいんき(ryに圧倒されていると、彼がなにやらこちらを見て一言

「初めまして、暗泥モンさん」

ちょwww今明らかに何かを確信してから言ったろww

流石代表。これでもかってくらい掴みOKだぜ。

ということで、俺と観測員の間に座る代表。その正面に暗泥さん、向かって右に茜さん、左に兄ぃというポジション。
その景色を見て、やっぱ改めて代表のこの場へのそぐわなさにびっくりしました。いや、いい意味で。
この光景がメイスタではいつも繰り広げられているのかと思うとさらにスゲーなと。
もうネットどんだけだと。デジモン様々だなと。バンダイちゃんと活動しろと。

そして初対面の俺にもイキナリ超フレンドリーな代表。
いや、初対面じゃないのかもしれないけど初対面なんだ。
だって外見とキャラが一致しなかったんだものwwいくら写真とかで見ててもww

ぴかぴか「ブルーハーツ歌っちゃう?」ぴかぴか


と言われ、軽くキョドりながら「終わらない歌」を二人で熱唱しました。
そのときなんつーか、この人かっけぇ…と思いましたね。言っとくけどアッーじゃないよ。

喫煙所にもご一緒しましたが、なんと不覚にもたばこを忘れてしまった俺。
一緒に吸うとか言ってたくせにごめんなさい>< 本当は行く時に買う予定だったんだけど、東京一人旅しながらそんなことする余裕は俺には無かったようです。

そしてたばこを吸う代表の横に座ってトークする俺。
服流煙を吸いながら「うおー久々に吸いてー!」とか思ってました。

そこで初オフどう?とか、代表の印象とか聞かれました。
そこで答えたのが、前にもちらっと言ったけど「知らない人だったら絶対に話しかけないですねー^^;」いや本当に。町であったら怖いもん(ぉ
でも中身はマジで、絵茶以上に格好よく、気さくな人でした。
他にも蒼さんの印象とかを初オフでガチガチのまにょまにょの俺に語ってくれました><
代表は本当にいい人です。リア充めこの野郎!(褒め言葉
それからもクルーたちはカオスな空気の中歌いまくり。
こいつぁ臭ぇ!ダストキングダムの匂いがぷんぷんするぜ!STOP!なエアコンのおかげで俺汗かきまくり;

歌ってないときも代表と一緒に茜さんが持ってきたカードとかを見たり。(終始気圧され気味で
ていうか後で気づいたけど代表、彼は高校のときの先輩に似過ぎているぜ…
その先輩オーラに俺はタジタジだったというわけです。

そして俺が腹減ったということを訴えるとエア飯前提だったその場に料理が!食糧が!
けっこう本気でガっついてしまいました; 俺けっこう腹減るの早いんで^^;

食いながらも歌う俺。次はビガビガだぜっ!
と気合入れて頑張ろうとしたら

「あーそれさっきも歌いましたよ」

(^ω^);ちょwwwwえwwww

どうやら相当血糖値が足りなかったらしい俺。   Orz


そんなこんなでオフは進み、Butter-Fly大合唱で茜さんを送り出した後も宴は続くのでした…

スポンサーサイト

  • 2013.12.02 Monday
  • -
  • 17:01
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1)
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1) (JUGEMレビュー »)
森田 季節
MF文庫Jライトノベル新人賞受賞作。
金色の帯とギター娘に釣られて買った自分を褒めたい。今年この小説を読めてよかった。月並みな言葉で表すなら、ちょっぴり苦くて微かに甘い物語。でも少年少女のキョウキテキな価値観がそこに託されている。味わってみてください。
recommend
サマーウォーズ 公式ガイドブック  SUMMER DAYS MEMORY
サマーウォーズ 公式ガイドブック SUMMER DAYS MEMORY (JUGEMレビュー »)

この夏長野に行った人増えたんじゃないかな?
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM