<< 二の腕を見つめてる。出会った日から今でもずっと。 | main | いてーん >>

スポンサーサイト

  • 2013.12.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


える!あい!おー!えぬ!

 らいおん! 
というわけで、仮面ライダービーストについて。
今日はビーストについて語りたい。そういう気分なのだ。

というか前から語りたかった。

デジモンのブログなのにいいのかって?
どうせ140文字じゃ足りないからこういう形式をとってるだけだからいいのだ。

 というわけで、始めたい。
そもそも仮面ライダービーストという存在が何かだが、ここに来たくせに知らない人のために説明しておこう。

〜以下、ネタバレ含む〜

 仮面ライダービーストとは、先日最終回を迎えたテレビ朝日の特撮テレビドラマ作品、『仮面ライダーウィザード』に登場するヒーローの名前だ。
 変身するのは仁藤攻介(演:永瀬匡)。「皆まで言うな」が口癖で、いつも人の話を最後まで聞かず、行き当りばったりのくせに何故かなんとかなるという、どこかの凡骨決闘者のようでいてそうではない男。
 ファントムを追って(?)放浪生活をしている大学生。能天気な性格でいつも「ピンチはチャンス」と言ってポジティブ発現を繰り返している、要するに馬鹿である。おまけにマヨラーだ。
 どうしてこう、ウィザードの仮面ライダーってのはチャラい人間ばっかりなんだろう。そうじゃないと絶望を乗り越えてライダーになることなんかできないのだろうか。
 いや、待て。そういえばウィザードには僕らのエラアイドル、真由ちゃんがいたじゃないか。彼女はまともな人間だ。ぷにゅりんこつるりんこで世界は救われた。

 話が逸れた。今日はビーストの話だった。
 仮面ライダービーストは、不幸にも偶然体内に所謂魔物であるファントムの一種『キマイラ』を飼うことになってしまった哀れな男であり、悲哀マックスのミスターライダーだ。
 彼の体内のキマイラは常に腹を空かせた食いしん坊で、いつも食料となる魔力を求めている。そのため宿主の仁藤は常に他のファントムを倒してその魔力を吸収し続けなければいつキマイラにその身を滅ぼされてもおかしくないというのだ。まったく迷惑な話なのだ

 だが、奴のおかげで仁藤は仮面ライダーに変身して戦うことができる。おまけにキマイラはその名の通り合成獣の姿をしているため、ビーストは単体でしかも二号ライダーでありながら、非常に多彩な能力を宿している。
 
 キマイラを構成する獣は全部で5つ。
先ずはキマイラ本体とも言えるライオン。カラーは金色で、変身のベースとなる。
ライオン以外の4つは基本的にビーストのデザイン全体に影響を与えることはないが、右肩に装着されるマントとなって追加能力を付加してくれる。

キマイラの右肩にくっついているファルコ。カラーは橙色で、飛行や風の能力を使用できる。
キマイラの左肩にはドルフィ。カラーは紺色で、傷をいやしたり水の能力を使える。
胸にはバッファ。赤いマントで衝撃波を発生させたり、突進攻撃を得意とする。
そして背中にはカメレオ。黄緑色のマントから舌のようなムチが伸びて、トリッキーな攻撃ができる。

……そう。これだ。ここからが本題だ。
 私は以前からキマイラを構成する獣のチョイスに物申したかったのだ。
 手持ちの資料によれば、ギリシャ神話に登場するキマイラは獅子の頭と雄山羊の胴、大蛇の尾をもつらしい。
 どうやらライオン以外は原典に合わせる気はないようだ。いいだろう。仮面ライダーという作品に登場する以上、動物のチョイスは子供に判り安く、また能力として体現しやすいものが求められる。動物の数を増やしたのも良い点だ。三つに絞った方がそれぞれの活躍の場がもてた気もするが、ウィザードの能力がバリエーション豊か過ぎてそれではビーストがしょぼく見えただろう。
 だが待ってくれ。私は放送を見ていてこう思ったのだ。

 あれ? バッファって能力結局なんなの?

 後にちゃんと衝撃波という能力が出てくるとはいえ、ビースト登場当初からバッファが使われる機会は多かったにも関わらず、基本形態との能力の差別化がイマイチされてなかった。少なくとも私にはそう見えた。
 ドルフィがウィザードにない回復技を披露し、ファルコが飛び、カメレオが舌をビュンビュン振り回す中、バッファだけは登場時の「うおー!」要因に見えたのだ。
 おまけに色がマズイ。なんかファルコと被っているのだ。
 オレンジと赤なので全然違うじゃん! と思うかもしれないが、劇中で動きながらだとイマイチ……。並べればもちろんわかるが、どうしても別々にしか出てこないので私は両方「赤っぽいの」という風にしか認識できなかった。
 いっそ黄色と赤にすれば……いや、ライオンが金色だし止めた方がいい。止めておくで御座る

 私は思った。バッファってチョイス間違えたんじゃねぇの?

 そもそもビーストは食欲に突き動かされて戦っているようなライダーで(仁藤自身が食べるシーンも多い)、戦闘開始の決め台詞も「さぁ、ランチタイムだ!」だし、終了時も「ごっつぁん!」という。キマイラの顔がいっぱい=口がいっぱいというデザインは凄く似合ってると思うし、感心した。だがその中で明らかにバッファは浮いているのだ。
 そう、私は気づいてしまった。だって他の獣が皆「狩る側」なのに、バッファだけ「狩られる側」なんだもの。
 
 ライオンは言わずもがなサバンナのハンターであり、ファルコンも狩りをするだろう。カメレオンだって虫を捕るし、ドルフィンだってエサは魚だ。だがしかし、バッファローって草食系だよね?
 これはマズイ。どうりで個性を発揮できないはずだ。だって本来本体であるライオンに食べられちゃうかもしれない動物なわけだし、もともと獲物に向かっていくようなヤツでもないんだもん。
 
 もしかしたらキマイラのデザインが先にあって、胸部に角のある動物をもってきたら格好いいとか、山羊の要素を残したいとかいう理由があったかもしれないが、私は気に入らない……。
 よし、だったらいっそのこと代わりになる動物を考えてしまえばいいのだ。キマイラの住人を入れ替え、ビーストに新フォームを与える……一石二鳥じゃないか!

トゥー!ファルコ!セイバーストライク!

 先ず、狩る側であることが条件だ。軟弱なやつはいらん。ハンター求む!だ。
 じゃあ無難にオオカミとか入れてみる? 駄目だそれじゃむしろ狩人にやられるイメージしかない。というかネコ科がいるのにイヌ科は避けたい。

 そしてできればバッファの役割も補填するようなパワー系で重量系がいい。サンゴーズオン!サイ!ゴリラ!ゾウ!……は、どれも草食だ。

 サイなんか突進しそうだしよさそうなんだけど……。体がヘビーっていうだけで狩りには向かないからな。重いハンターっていうのは少ないのかもしれない。
 だったらライダーらしく昆虫にふってみるか? 昆虫でハンターと言えば……カマキリ?
いや、オーズと被る。能力も体現しにくい。あいつ最初からセイバー持ってるから武器もたせにくいし、ていうか緑系は駄目だろう。

 ええい、どうすればいいのだ。獰猛なハンターで、かつライオンの威厳を損なわないもの。
こうなったら人間を襲うやつらで考えてみるか。先ずは……サメ? シャチ? だから海系はドルフィと被るって!
 じゃあなんだ……陸上シリーズで、イノシシ? クマ?

クマ!

 そう、熊! いいじゃないか熊! あいつら雑食だが、肉だって食うだろ。ていうか魚とってるし。

 そして重そう! パワーファイターにしても違和感ない!
じゃあイメージカラーは……しまった、茶色じゃ益々ファルコと色合いが被りそうだし、ビーストの下地が黒だから黒は使えない。

 あ、だったら。アイツがいい! クマだって色んな種類がいる。しかもこいつら北に行けばいくほど巨大になっていくのだ。そうだ。この星で一番北に居るアイツなら……シロクマならいいじゃん!
 正直ここに行きついたとき、俺はかなりすっきりした気分になれた。

 シロクマというとお菓子のイメージキャラクターに使われたり、ファンシーなイメージで使われることが多いが。あいつらアザラシとか食うんだぜ? マジこえーよ。
 そしてシロクマのイメージカラーと言ったら白色。キマイラの胸にふさふさの白い毛が生える。いいじゃないか!

 子供にもちょっと珍しい動物を覚えてもらえるし。

 クマっていうだけでも仮面ライダーどころか東映特撮で探したってオリジナリティは申し分ないだろう。私はガオベアーとかイエロークマードぐらいしか知らない。
 ましてやシロクマだったらガオポーラぐらいしかいないはずだ。

 そう、名前はポーラでいい。白いマントを付けたビーストがガウガウ言いながら暴れまわり、ファントムと相撲をとる。冷気を放ってもいい。ウィザードより先にブリザードが使えるわ。
 カメレオ、ドルフィ、ファルコ、ポーラ。『ポ』だって破裂音だし、発声も問題ないと思う。

\ポ!ポポ!ポポ! ポーラァ!/

 いやぁ、いいもの見つけたな。マントのデザインは氷か? ビーストのマントデザインはライオンのカラーなのかベースカラー+金なので、ちょっとゴージャスになりそうだ。
 ビーストは指輪が黒台座なので手が白いのが気になっていたが、逆に合うかもしれない。
満を持して降臨しそうだし。

新しい力で頑張れ! ビースト!(俺の脳内で




蛇足:この記事について考えているとき、たまたま見ていた いいとも! にシロクマの剥製が出てきたのでマジで爆笑した。



スポンサーサイト

  • 2013.12.02 Monday
  • -
  • 22:44
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1)
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1) (JUGEMレビュー »)
森田 季節
MF文庫Jライトノベル新人賞受賞作。
金色の帯とギター娘に釣られて買った自分を褒めたい。今年この小説を読めてよかった。月並みな言葉で表すなら、ちょっぴり苦くて微かに甘い物語。でも少年少女のキョウキテキな価値観がそこに託されている。味わってみてください。
recommend
サマーウォーズ 公式ガイドブック  SUMMER DAYS MEMORY
サマーウォーズ 公式ガイドブック SUMMER DAYS MEMORY (JUGEMレビュー »)

この夏長野に行った人増えたんじゃないかな?
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM